ハンドメイドで子供服を作っています。作ったものと、ありふれた日常のこと。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
フリル袖ブラウス、ゴムアレンジの縫い方
したの記事でアップした、SEASONさんのフリル袖ブラウスを
子供に一人で着替えてもらって幼稚園にも着て行こうアレンジ
ですが
(そんな名前だったかいな)

縫製方法についてお問い合わせがありましたので
パタンナーのtomokoさんに了承をいただき、
作業工程を画像つきで説明させて頂く事にしました。

tomokoさんに、作業工程・型紙の一部を掲載する事への
了承を得た上で公開しておりますので、ご理解下さい。

(目からウロコ的な裏技はありませんので、
 期待はずれだったらすみません;´Д`A ```)

なんだか私にそんな役が務まるのか不安になってきたので
何か飲んで喉を潤してきます。



ピチャピチャ… (何飲んでんの。行灯の油か。)


前編/パーツを裁断して袖と前身頃をつなげよう

画像多いので畳みます。

1。後ろ身頃を裁断する

2014_05_13_01.jpg

後ろ身頃の襟ぐりをプラス2センチ足して裁断。
前身頃、袖はパターン通りに裁断。


2。襟ぐりバイアスを裁断する

2014_05_13_02.jpg

輪にして、前衿ぐり〜フリル袖+1センチ(縫い代)の寸法でカット。


3。後衿ぐりのゴムをカットする

2014_05_13_04.jpg

襟ぐりバイアスの後衿ぐり×2+両端に縫い代1センチの寸法でカット。
私は8コールゴムを使いました。
追記:コーデュロイやリネンなど、重さのある生地を使う場合は
1〜2センチ程短くした方があきが広がりすぎずいいと思います。


4。後ろ身頃の襟ぐりを1センチ・1センチの完全三つ折りで縫う。

2014_05_13_03.jpg

縫いました。
端っこが途切れて見えるのは、
裁断を間違えてそのまま強行したからです。
気にしないで下さい。

5。ゴムを通して両端にゴム止めステッチを入れる

2014_05_13_05.jpg

ゴムを入れるポイントはそーっと入れる事です。
両端になるべくギャザーが寄らないように
真ん中にギャザーを集めるようにそーっと通すと
後の作業が楽です。

ゴムを通したら、抜けないように両端5ミリくらいのところを
ステッチでとめます。(画像の黒い線部分)


6。前身頃と後ろ身頃を合わせ、両脇を縫います。

2014_05_13_06.jpg

ロックの糸替えが面倒だったので折り伏せ縫いにしましたが
普通にジグザグやロック処理でいいです。


7。仕様書通りに袖を縫い、縫った袖と前身頃をつなげる

2014_05_13_07.jpg

後ろ身頃と袖はまだつなげないで下さい。
つなげたらイカン。
あいつはブラブラさせておけ。


8。袖ぐりバイアスを途中まで縫う。

2014_05_13_08.jpg

袖の終わりくらいまで縫います。
(赤線部分)
縫い幅は仕様書通りです。
少なくとも5センチ以上は縫っておかないと、
後の作業が辛くなります。


9。袖ぐりバイアスを前身頃側に倒しておく

2014_05_13_09.jpg

待ち針で留めておきます。


10。フリル袖〜前身頃〜フリル袖にギャザーを寄せる

2014_05_13_10.jpg

粗ミシンをかけて、それはもう荒々しく。


11。襟ぐりバイアスでくるむ。

2014_05_13_11.jpg

縫い幅、ギャザーの厚みを抑える方法等
仕様書通りに縫う。

2014_05_13_12.jpg

くるまれました。


次回はいよいよ後ろ身頃とつなげて仕上げます。








コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© tigのあしあと. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。