ハンドメイドで子供服を作っています。作ったものと、ありふれた日常のこと。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
小学生へ!リール付きパスケース
子供が小学生になったら必要なものシリーズ、最後です。



PASMOやSuikaを入れるパスケース!

小学校に上がる年の4月1日から発生する、バスや電車の公共交通機関の小児運賃。
もちろんパパやママのカードを使って切符を購入できるけど、
バスに乗るときにいちいち「こどもと大人一人ずつです」と申告したり
券売機でこどものチケットを買って渡して、
小さな切符をなくさないように気を配るのはなかなか面倒なことです。

こんなIDパスケースがあれば、「面倒・切符を紛失」問題が一気に解決!

そして何より、こどもが自分で「ピッ!」できるのはうれしい!!
「自分は小学生になったんだ!」と責任も実感も生まれます。


お手持ちのカバンにナスカンでとりつけたまま、
リールを伸ばして改札を「ピッ!」できます。

個人的に、こどもが電車の改札を通るときの「ピヨピヨピヨ」音が好きです。
娘が「どうして大人が通るときは『コケコッコー』と言わないの?」と不思議に思ってるみたいなんですが
その発想が不思議ですよかあさんは。改札がカオスになるだろう?



透明のポケット部分にパスを入れても、印字された名前が見えない配慮。
まったくの偶然なので威張るのはやめときます。
ファスナーの中にはチャージするときの予備のお金とか
自宅の連絡先を書いたメモとか、ご自由にお役立てください。
こどもが一人で電車やバスに乗って習い事や塾に通う年になると
親御さんの心配も増えることと思いますが、
大切なものを「失くさない」対策をするのもひとつかな、と思います。

委託先のCoffretさんにて、ぜひご覧ください。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© tigのあしあと. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。